医療用のスクラブをお店で購入するメリットとデメリット

医療用のスクラブはワークウェアショップなどのお店の店頭で購入することもできますが、インターネット通販やカタログ通販などでも買えるようになっています。お店で購入するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

デメリットもないわけではないので、他の方法と比べてどのような特徴があるのかを確認しておきましょう。

関連記事:医療用スクラブを激安で購入できる? やり方やポイントを解説

現物を見て買えるのが最大のメリット

お店で医療用のスクラブを買う方法の最大のメリットは現物を見て買えることです。写真を見てみても本当にそのスクラブに魅力があるのか、色合いは自分の気に入った感じなのか、サイズが合っているかを見極めるのは簡単ではありません。

触ってみた生地の感触なども写真では想像するだけしかできませんが、お店なら実際に手に取ってどんな感触かを確かめることができます。希望すればスクラブを試着してみることもできるので、サイズが少し違っていたというようなトラブルが起こることもありません。

納得した上で購入できるという点でワークウェアショップなどに行って店頭で購入する方法は魅力が大きいのです。

取り扱っているスクラブが限られているのがデメリット

お店で医療用のスクラブを買うデメリットとして大きいのは、店頭販売されている商品が限られてしまっていることです。インターネット通販であれば何十種類ものラインナップから選ぶことができますが、店頭では数種類しか取り扱っていない場合が多くなっています。

お店によっては希望するスクラブの型番やサイズなどを伝えると取り寄せてもらえるのは確かです。ただ、取り寄せてもらうと買わなければならない場合がほとんどなので、実質的には通販で買うのとあまり変わらなくなってしまいます。

現物を見て気に入らなかったときにもお金を支払わなければならないからです。むしろ店頭にまで足を運ばなければならないという点で通販の方が良いとも考えられます。お店によっては医療用のスクラブの取り扱いが少ないだけでなく、定期的に入れ替えてしまっていることもあります。

以前購入したスクラブが良かったからもう一度買いに来たけれど、もう取り扱いがなくなって別のモデルになってしまっていたということも稀ではありません。通販であればメーカー在庫がある限りは対応してくれるのが普通なので、当面は同じものを購入できます。

購入価格はセールに依存するのが特徴

お店で購入するときに価格はどうなるのかと気になる人もいるでしょう。購入価格は定価ということもありますが、医療用スクラブのメーカーから直接購入するのに比べると少し安くなっている場合がほとんどです。特に正規代理店などとなっている場合には仕入れが比較的安いだけでなく、宣伝広告料などもメーカーから受け取っていることがあります。

その一部を消費者に還元するために価格を下げていることが多いのです。ただ、購入価格は常に一定というわけではなく、時期によって変わることも少なくありません。販促のためにセールを実施して価格を下げることがあるからです。

どのような形でセールを実施するか、どのスクラブが対象になるかはお店によって異なります。広告チラシが配布されてわざわざ店頭に行かなくてもわかる場合もありますが、特に宣伝もせずにセールをしていることもあります。

そのため、安く買いたいと思ったらお店に通って価格をチェックすることが必要です。ただ、セールは基本的には顧客を獲得するためのマーケティング手法なので、何らかの方法で宣伝広告をしています。

お店のウェブサイトやメールマガジンなども確認してセール情報を入手するのが肝心です。

何度も買うお店ならメリットが大きい可能性がある

もし医療用スクラブや他のワークウェアを頻繁に購入するのであればお店の会員になることでメリットが大きくなる可能性があります。メンバーズカードやポイントカードなどを発行してもらうことでお得なサービスを受けられることがあるからです。

例えば、メンバーになることで一律でどの商品を買ったとしても5%引きになるといったお店もあります。メンバーになるとメール配信を受けることができたり、DMを送ってもらえたりしてセール情報を手に入れられることもあるでしょう。

メールやDMにクーポンが付いていて医療用スクラブを安く買える可能性もあります。一方、ポイントカードであればリピーターになってポイントを貯めると特典を得られます。1ポイントを1円として使えるシステムにしていることもあれば、ある程度のポイントが貯まると商品券や商品と交換してくれるシステムの場合もあるのでどんな仕組みになっているかはよく確認する必要があります。

どのようなポイントサービスでもお得になることに変わりはないので、もし何度もスクラブを購入する予定ならポイントカードを発行してもらうようにしましょう。ただし、カードの発行手数料がかかることもあるため、その金額よりもメリットが大きくなるかはよく吟味してから決めるのが大切です。

価格比較には手間がかかるのがデメリット

お店で購入する方法のデメリットとしてもう一つ念頭に置いておきたいのが価格比較の難しさです。少しでも安く買いたいと思ったら通販も含めてどこで買うのが最も安いのかを比較検討することが必要になります。お店で買う場合にはいちいち店頭まで行って価格を確認しなければならないので大きな手間がかかることは否めません。

インターネット通販なら自宅にいてもあらゆるショップでの販売価格を確認できるので比較するのは簡単です。アクセスしやすい店舗が一つや二つであればそれほど手間ではありませんが、数が多くなると負担が大きいということは念頭に置いておきましょう。

このデメリットは医療用スクラブに限ったことではありませんが、特に医療用スクラブは取扱店が少ない地域も多いので店頭に行くのに手間がかかりがちです。もし一店だけが候補なら通販での価格を先に調べた上でお店に行き、価格を確認して安ければ買うという流れにして購入すると良いでしょう。

お店でスクラブを買うかどうかはよく考えよう

お店で医療用スクラブを購入する方法は現物を見て触った感触や着心地、サイズなどを実際に確認することができる点です。

通販に比べると価格比較が難しく、店頭での取り扱い商品が限られていて少なめなのがデメリットでしょう。ただ、メンバーズカードなどを発行してもらい、セールのときに買えばお得になる可能性があるので前向きに検討してみましょう。